保険が使えるチャンピックスでの禁煙治療、禁煙外来は東京都の赤羽台診療所へご相談ください。

禁煙治療

photo

タバコは古来より、世界中で用いられている嗜好品ですが、近年、喫煙が身体に及ぼす害悪が科学的に明らかになってきました。各種の癌や、心筋梗塞などの循環器系の病気、呼吸器系の病気、生殖への影響や、糖尿病などに関与していることが学術的に証明されています。また、受動喫煙などで家族などの身近な人はもとより、不特定多数の人を危険にさらすことでも知られています。

ほとんどの人が、タバコが身体に悪いことを知っているにもかかわらず、なぜ喫煙がやめられないのか…。それは、タバコの煙に含まれているニコチンに麻薬にも劣らない強い依存性があるからです。タバコがやめられない人は「ニコチン依存症」であると考えられます。ニコチン依存症はれっきとした病気です。風邪を「気合い」で治せないように、病気であるニコチン依存症を「気合い」で治すことは難しいのです。

国でも、禁煙治療の重要性から、これを健康保険で受けられるようにしました。タバコがやめられないと悩んでいる方は、ぜひ専門のクリニックで治療を受けてください。

治療方法

タバコをすったときのニコチンの作用

これまで、禁煙治療には健康保険がきかなかったのですが、2006年に診療報酬で「ニコチン依存症管理料」が新設されたことに伴い、健康保険での治療ができるようになりました。

最初に保険がきくようになった薬は、皮膚に貼るタイプのニコチン製剤です。タバコが快感や、ホっとした感じを生み出すのは、脳内のニコチン受容体というところにニコチン成分がくっつき、ドパミンという快感を生む物質を放出することによるものですが、これを貼るタイプの薬剤で代替したものといえます。しかし、ニコチンを体内に入れるということに変わりはなく、薬の値段も高いという難点がありました。

チャンピックスの2つの効果

そこに、2008年5月に「バレニクリン(商品名チャンピックス)」という、ニコチンを使わない比較的安価な飲み薬が登場しました。当院では、このチャンピックスを中心に禁煙治療を行います。(なお、ご希望の方にはニコチンパッチでの治療も行っております。)

この薬剤は、脳内のニコチン受容体にニコチンの代わりにくっつくことで、禁煙時の離脱症状を抑制するうえに、ニコチン摂取時と同じような満足感を与えます。臨床治験では、禁煙の成功率が3倍に高まるという効果が確かめられました。

【副作用】

吐き気や頭痛などが生じる場合がありますが、症状は強くないことがほとんどです。腎機能障害がある方や血液透析を受けている方は、慎重に投与する必要があるので、必ず申し出てください。

→「すぐ禁煙.jp」にチャンピックスが紹介されています。

料金

photo

料金の目安(税込)(2008年4月現在)

チャンピックスによる治療基本期間は12週間です。

保険適用の場合(自己負担3割)

初診料+再診料 約3,024円

ニコチン依存症管理料 約2,886円

院外処方せん料 約1,224円

薬剤代 約11,298円

=3ヶ月合計 約18,432円(1週間当たり約1,536円)

健康保険が適用されるには条件を満たす必要があり、条件に合わない場合は自費診療となります。保険が適用できるかどうか、初回診察時にカウンセリングを行いますので、まずはお問い合わせください。

当院では12週間で見事禁煙に成功された方には、認定証を差し上げております。

よくあるご質問

心臓の病気を抱えているのですが、禁煙治療を受けることは可能ですか?

チャンピックスは、心臓疾患を抱えている方にも使いやすい薬とされています。服用できる可能性もありますので、まずはご来院されて、詳細をご相談ください。

ニコチンガムやニコチンパッチなどの禁煙治療薬と一緒に使っても大丈夫ですか?

薬の相互作用などで、薬剤の作用が効き過ぎたり、思わぬ副作用を誘発したりする可能性があるので、チャンピックス治療中は、ほかのニコチン製剤の使用は控えてください。また、現在抱えている疾患や常用されているお薬がありましたら、初回診療時に忘れずにお申し出ください。

禁煙を貫けるか、自信がないのですが…。

チャンピックスは、ニコチン受容体にニコチンの代わりにくっつくので、いわゆる離脱症状などは起きず、喫煙時と同様の快感も得られるようになっていますが、薬剤の効果の切れ目などで、「ニコチン切れ症状」が出る場合もあります。その場合には、深呼吸をしたり、水を飲んだり、ガムをかんだりして、うまく対処してください。

服用後、体重が増えてきてしまったのですが…。

禁煙すると、胃腸の調子や味覚が改善されることで食べ過ぎてしまうため、体重が増えがちになります。タバコを吸う代わりにお菓子などを食べるのも一因です。禁煙に慣れてきた頃に、食事と運動で徐々に減量するのがよいでしょう。

妊娠中なのですが、服用できますか?

チャンピックスの添付文書では「妊娠又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与」「安全性は確立していない」としています。ラットの実験では、受胎能の低下や胎児の体重低下が認められており、もし服用するなら出産後、授乳期を過ぎてから(母乳中にも薬剤が移行するため)が賢明です。

  • 診療について - 皆様に安心していただける医療をお約束いたします。 -
  • 禁煙治療 - 服用薬を用いた確実な禁煙治療をお勧めいたします。 -
  • アンチエイジングのために - プラセンタ注射やドクターズコスメなどのご紹介。 -
  • 健康診断 - 毎日働き続ける身体。身体にもメンテナンスが必要です。 -
  • 当院の医療機器のご案内 - 当院が誇る、地域一充実した最新医療機器について。 -